dtv vrコンテンツ

vrで、自宅にいながらフェス体験ができるようになりそうです!様々なサービスが始まるなど盛り上がりを見せている話題のvr。そんななか、動画定額見放題サービスの「dtv」がvr視聴専用のアプリ『dtv vr』をリリース! 独自のvrコンテンツ製作も本格的に開始し、毎週更新予定とのこと。

いま話題の「vr(バーチャルリアリティ)」。スマートフォンを活用したvrコンテンツがその勢いを後押ししています!今回は、そんな「スマートフォン×vr」で注目したいコンテンツを10点集めてみました。

コンテンツbook 「dtv」のおすすめコンテンツ特集や、インタビュー記事を紹介しています。 dtv・dtvチャンネル コンテンツbook(pdf形式:4,848kb)pdf いつでもどこでも楽しめる

dtvには、4k画質対応の動画や、いま話題のvr技術を使ったコンテンツも用意されています。 4K画質とは、 ブルーレイよりもきれいな画質 のこと。 電気屋さんで、よく4Kテレビと書いてあって、 鮮明な映像 が流れていますよね。

エイベックス通信放送は7月29日、VRコンテンツの視聴用アプリ「dTV VR」を配信開始した。アプリのダウンロードは無料。対応OSはiOS 7.0以降、Android

2016年08月03日14時00分. dTVからVR視聴専用アプリ「dTV VR」リリース オリジナルVRコンテンツ多数. 文 たかヰトモき/MoguraVR

5.1 dTV対応メディアプレーヤー①「Amazon Fire TV Stick」「Amazon Fire TV」 5.2 dTV対応メディアプレーヤー②「Chromecast」「Chromecast Ultra」 5.3 dTV対応メディアプレーヤー③ 「Apple TV」「Apple TV 4K」 5.4 dTV対応メディアプレーヤー④AQUOSココロビジョンプレーヤー

今や誰でもvrライブをリアルタイム配信出来る時代であり、多くのライブ公演やスポーツ観戦をvrで提供されるようになりました。会場の熱気や興奮を自宅でも楽しめるのは嬉しいことですよね。今回はvrで楽しめるおすすめのライブ映像コンテンツをご紹介し

Daydream(でいどりーむ)とは、GoogleがAndroidスマートフォン向けに開発したVRプラットフォームの名称です。Daydreamに対応したVRコンテンツを楽しむためには、Daydreamが利用可能なスマートフォンおよびVRゴーグルが必要となり、すべてのスマホ・VRゴーグルで使えるわけではありません。

dTVとNetflixについて、データやサービスの質、実態などの比較を行いました。インプレス総合研究所が調査した2017年度の国内利用率は、dTVが10.2%(3位)、Netflixが7.6%(4位)。dTVは会員数を公開しているVODサー

vr動画を初めて見た時は、普通の2d動画とは比較にならない圧倒的な没入感に驚いたのではないでしょうか。実は、普通の動をvrモードで見る方法があります。そこで、お手元の2dの普通動画をvrに変換して見るためのアプリやフリーソフトをご紹介します。

vr動画配信サービスまとめ 撮ったその場で簡単にアップロードして共有できるものから、作り込んだ尺の長いvr動画を配信したり、映画や音楽コンテンツなどが視聴できるvr動画配信サービスがあります。

音楽ライブや舞台などさまざまなライブ映像をスマートフォンで楽しもう!生配信はもちろん、見逃し配信、VR配信、ARフィギュア映像も楽しめます。 コンテンツにより異なります。 詳しくは、新体感ライブ CONNECTサービス

エイベックス・デジタルは1日、動画配信サービス「dTV」においてVR(バーチャルリアリティ)のさらなる強化を行うことを明らかにし、それに伴うキャンペーンや配信コンテンツなどを発表した。 < 図:60万個用意されたVRスコープ> まず、dTVのユーザー向けに全国のドコモ

先日国内最大規模の映像配信プラットフォームである「dtv」が、実写によるvrコンテンツの配信を始めた。スマホで360度映像のミュージック

「dtv vr」の特徴は、アーティストのコンテンツが多いことです。その理由は、「dtv」の運営元が音楽事業を手掛ける株式会社「エイベックス」のグループ企業だからです。 数あるvr動画配信サービスの中で、 ミュージシャンのミュージックビデオやライブ

映像配信サービス「dtv」は、スマートフォンで360度パノラマの3d映像が楽しめるvr(バーチャルリアリティー)視聴専用アプリをリリースした。また、独自のvrコンテンツ制作を始動し、第1弾の取り組みとして、映像配信サービスとしては初めて音楽ライブのvr作品を制作することが決定。

100円ショップに紙製vrスコープが登場!実際に組み立てて使ってみた!vrを体験するのにおすすめの動画配信サービスもご紹介。110円(税込)で買える「vrゴーグル」のメリット・デメリットは?13歳以下は使えないってホント?

dTVはiPhone・Android向けに専用アプリをリリースしていますが、それとは別の「dTV VR」というアプリもリリースしています。dTVでVRコンテンツを利用する際はdTV VRをスマホにインストールしま

Oculus Go専用アプリがあるのがなによりの強み。Oculus Goに最適化された状態で映画やアニメを観られるので 一番おすすめ です。. 海外のサービスということで、日本向けのコンテンツは他のサービスと比べると少し貧弱ですが、専用アプリがあるのはやっぱり便利。

dTVがVRコンテンツを拡充–「ウォーキング・デッドVR版」配信開始 – CNET Japan 本日はdTVがVRコンテンツを拡充–「ウォーキング・デッドVR版」配信開始 – CNET Japanを取り上げます。 と、キメラは観察対象を明示します。 この記事の重要観点 この記事の重要な観点

dtv vr. 同様の機能を持つのが3つ目の「dtv vr」です。両方のvrコンテンツが利用できます。このアプリはnttドコモ系のサービスで、運営は大手音楽レーベルであるエイベックスのグループ会社が行っていま

動画配信サービス(VOD)の中のNetflix、Hulu、dTV、amazon、U-NEXTの徹底比較しをしました!ポイントは料金、動画の質、ジャンル、量を中心に、各社の特徴をそれぞれ一覧で比較しています。自分にあったサービスを選武時に迷っているは、ぜひご覧ください!

Jul 29, 2016 · エイベックス通信放送は29日、同社が運営する映像配信サービス「dtv」において、360度のパノラマ3d映像をスマートフォンで楽しむことができるvr(バーチャルリアリティ)コンテンツ視聴専用アプリ「dtv vr」をリリースしたと発表した。

dtvは、これまで音楽ライブを中心に40本を超えるvr作品を配信してきたが、さらにコンテンツを拡充。目玉となるのは、「ウォーキング・デッド

dtvがvrコンテンツを強化 「ウォーキング・デッド vr」の公開やオリジナルの”ウォーカー”vrスコープの配布などピコ太郎vrも新たに公開予定 2017年02月01日 12時15分更新

エイベックス通信放送が運営する動画配信サービス「dtv」(サービス提供はnttドコモ)は、スマートフォンでvr映像が楽しめるアプリ「dtv vr」をリリース、同時にミュージックビデオを中心にオリジナルのvrコンテンツの配信を開始した。

dtvでは、これまで音楽ライブを中心に40本を超えるvr作品を配信してきたが、今回さらなるvr強化のため、コンテンツの拡充

dTV、VRを駆使したリアル脱出ゲームドラマ「サイコルームからの挑戦状」配信――会員じゃなくても全話楽しめる! dTVが11月25日に4Kコンテンツ

約60万個のVRゴーグルをドコモショップで無償配布する──そんなキャンペーンをdTVが開始します。 dTVは、NTTドコモとエイベックスが提供する

映像配信サービス「dTV」が、国内最大級の夏フェス「a-nation stadium fes. powered by dTV」とタッグを組み、豪華アーティストのライブステージを360度カメラを使って撮影したVR映像を配信中。そのライブステージの撮影に先駆けて、a-nation出演アーティストのオリジ

月額料金は1,990円と高めですが、動画以外に70誌以上の雑誌が読み放題になったり、32万冊のコミック・書籍を収録していたりとコンテンツが幅広いサービスです。 毎月1,200ポイント(1200円分)が配布され、それを使って新作映画やコミックを楽しめるのが特徴。

アメリカ限定で「Hulu VR」が公開。VRコンテンツについては動画配信サービス各社の中では真っ先に取り入れました。アメリカのHuluはYouTubeに次いで世界第2位の動画配信サービスであり、成長率では世界1位と評価されています。Hulu

aaaメンバーの中に入り込んだような経験をしよう! dtv vr、「aaa」の最新曲の360度vrミュージックビデオを配信!

dTVは月額料金500円という安さと配信動画数12万本以上という業界トップクラスのコスパが特徴の動画配信(VOD)サービス!dTVにしかないオリジナルコンテンツも多数、オフライン再生にも対応しているので家でも外でも飽きることなく楽しめると評判の動画配信サービスです。

夏フェス“a-nation”にはVRスコープ11万個を製造・供給も ゲートウエイは、エイベックス通信放送が運営し、NTTドコモが提供する映像配信サービス“dTV”のスマートフォン向けVR視聴専用アプリ『dTV VR』に、自社スマートフォン向けVRコンテンツ視聴専用アプリ『VR GATEWAY』の技術提供をしたこ

BeeTVというdTV独自コンテンツが見られる . VRコンテンツが楽しめる . dTV最大の強みはやはり月額500円(税抜)という安さで豊富なジャンルを120,000本以上視聴可能なところでしょう。 dアニメストアの強みや特徴. 月額400円でアニメ作品が2,000本以上視聴可能

dtvは、専用アプリ「dtv vr」を使用してvr動画を楽しむこともできます。専用アプリとvrスコープがあれば、動画サービスの配信するvrコンテンツを、臨場感あふれる360度のパノラマ映像で体験することが

dtv vr. dtv公式ホームページ. 月額500円(税抜)、vrコンテンツは一部無料。 dtvは2016年7月29日よりvrコンテンツの配信を開始しました。 まだ配信開始したばかりのためコンテンツ数は少なめですが、これから増えていくと思われます。 詳細はこちらから→dtv vr

dTVがオリジナルVRコンテンツ制作本格始動の第一弾として注力するタイトルは、映像配信サービスとして初となる音楽ライブVRです。8月27日(土)・28(日)に、東京・味の素スタジアムで2日間に渡って開催される、今年15周年を迎える国内最大級の夏フェス

エイベックス通信放送が運営する動画配信サービス「dtv」(サービス提供はnttドコモ)は、スマートフォンでvr映像が楽しめるアプリ「dtv vr」をリリース、同時にミュージックビデオを中心にオリジナルのvrコンテンツの配信を開始した。

dTV VRが配布したオリジナルCardboard エイベックス・デジタル 常務取締役の村本理恵子氏は「同社の強みは、人気アーティストのコンテンツを配信

dtvからvr視聴専用アプリ「dtv vr」リリース オリジナルvrコンテンツ多数 「dTV」がApple TVから視聴可能に! dTVがニュース映像配信をスタート、フジ

dtvからvr視聴専用アプリ「dtv vr」リリース オリジナルvrコンテンツ多数 2016年08月03日 14時00分更新 文 たかヰトモき/MoguraVR

dTVは、8月27、28日の2日間で開催された夏フェス”a-nation stadium fes. powered by dTV”とタッグを組み、映像配信サービスとしては初のライブVR配信に挑戦。

NTTドコモとエイベックス通信放送は、VRコンテンツの配信サービスと360°パノラマ映像が楽しめるVR視聴専用アプリ「dTV VR」の配信を開始した。同アプリは、Android OSおよびiOSに対応する。これを市販のVRゴーグルに装着することで360°VR映像が楽しめる。

ゲートウエイ株式会社のプレスリリース(2017年2月1日 11時00分)[dtvオリジナルvrスコープ]60万個制作 vrスコープ出荷総数、75万個を突破

ui変更でジャンルごとのコンテンツが見やすく 『dtv vr』のuiデザインは、『dtv』でも採用している「ザッピングui」がイメージされ、音楽、ドラマ、バラエティといったジャンルごと、簡単に見られる仕様へ変更されました。