大間原発訴訟

大間原発訴訟の会、大間原発に反対する会、大間原発に反対する地主の会、 原子力資料情報室、再稼働阻止全国ネットワーク、 なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク、 バイバイ大間原発はこだてウ

大間原発をめぐっては、この訴訟とは別に函館市が14年4月、自治体として初めて原発建設の差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こし、審理が続いている。【山田泰雄】 全文は大間原発訴訟 函館市民団体ら原告の請求を棄却

[PDF]

あなたの参加が止める力に! 「大間原発訴訟」第8次原告募集! ~あなたも原告になって下さい~ 青森県大間町に建設中の大間原発は、津軽海峡を挟んで函館から約20kmの距離にあります。

訴訟の争点として①大間崎の北側に大規模な活断層がある可能性②原発敷地内に活断層がある可能性③海底火山「銭亀カルデラ」噴火の可能性④テロ対策の脆弱(ぜいじゃく)さ―などを挙げた。

クリックして Bing でレビューする2:23:55

Feb 22, 2020 · 【大間原発反対関東の会】 1.講演 「下北核半島と大間原発」 ルポライター:鎌田 慧 2.弁護団報告 「函館市訴訟の争点と経緯」弁護士:中野宏典

著者: U PLAN

また函館市はふるさと納税による寄付金の用途に「大間原発建設差し止めの訴訟費用」を2017年4月3日に追加 、2017年度に3880万6000円を集め 、2018年7月13日時点で寄付金・ふるさと納税の合計額が1億

口座名 大間原発反対 主催:大間原発反対現地集会実行委員会 (呼びかけ:核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会 ストップ大間原発道南の会 peace land) 共催:大間原発訴訟の会 連絡先 大間原発反対現地集会実行委員会事務局(事務局長中道雅史)

バイバイ大間原発はこだてウォーク. 61 likes. 毎月第3日曜日、函館で大間原発建設反対を訴え、デモや集会を行なっています。

福島原子力発電所事故に伴う国家賠償請求訴訟には,平成23年3月11日に福島第一原子力発電所で発生した事故により,同発電所の周辺地域から退避を余儀なくされた,又は同事故により放射性物質が飛散し,放射線被ばくによる健康被害を危惧しながら生活せざるを得なくなったとする方々が

・旭化成ウラン濃縮研究所、もんじゅ訴訟、六ヶ所村核燃料サイクル施設訴訟、浜岡原発訴訟、大間原発訴訟、東海第2原発訴訟などを担当。 ・審査の欠落を認めたもんじゅ高裁判決は原発訴訟の歴史に残るたった二つの原告勝訴判決の一つである(名古屋

電源開発(Jパワー)が大間原発を建設中の青森県大間町で、任期満了に伴う町長選が15日投開票され、建設を推進する無所属現職金沢満春氏(66)が、元町課長野崎尚文氏(61)ら原発依存からの脱却や建設反対を主張した無所属新人3人を破り、4選を果たし

1 原発の設置・運転の適否が争われる訴訟に関する司法判断において、行政庁が依拠する特定の専門的技術見解を尊重し、これを前提に危険性がないと判断する従前の方法を改め、今後は、科学的・経験的合理性をもった見解が他に存在する場合には、当該見解を前提としてもなお原発が安全で

・原発事故の被害と住宅問題(第2回) 鴨下祐也(福島原発被害東京訴訟原告団団長) ・その他 主 催:大間原発反対関東の会 (函館市の「大間原発差し止め裁判」等を首都圏で勝手連的に応援するためにつくられた会です。

大間原発建設差し止め訴訟にご支援を. 南北海道自然保護協会 会長 乳井幸教 ことの発端は、函館市民になんの説明もせずに大間原発の建設工事をはじめたことです。 大間原発を建設中の青森県大間町(大間崎)と函館市の汐首町(汐首岬)とは、津軽海峡

[PDF]

泊原発の廃 炉をめざす 会 2泊 2011/8/1 定険終了書交付差止 め、仮の差し止めを 提起(行訴)。 同交付がされたので、交 付処分の取り消しに訴え を変更、2012年5月訴え の利益失い取り下げ終 了。 札幌地裁国 3大間 2010/7/28 電源開発に対し大間 原発の建設

大間原発建設差止め訴訟 基準地震動の過小を原告が指摘 海を隔てて隣接する 大間原発(電源開発 ・ 青森県大間町) の 建設差し止めを 求めて、函館市が 国と 電源開発 を相手に起こした建設差し止め裁判で、 6 日 、6 回目の口頭弁論が東京地裁で開かれ ました。

竹野下喜彦 :「大飯原発3・4号運転停止行政訴訟」「玄海原発3・4号機運転停止命令義務付け請求訴訟」「大間原発建設差止め等請求訴訟」の国側訴訟代理人; 熊谷明彦 :「大飯原発1~4号機運転差止め請求訴訟」の国側訴訟代理人

第1章 はじめに 第1 原発事故で深く傷つけられた被災自治体 これまで日本全国で原発の設置許可取消や建設・運転の差し止めを求めて数多くの 住民を原告とする訴訟が提起されてきた。 本件訴訟はこれらの訴訟と大きな違いがある。 それは,平成23年(2011年)3月11日の東日本大震災とこれに

函館市の大間原発建設反対訴訟を、「心強く、とてもはげまされる思いです。是非、応援したいと思っています」とのことでした。 そして、今後の「あさこはうす」の家と土地を保養の場にしたいとも。

津軽海峡を挟んで20キロほどの距離にある、青森県の大間町では、大間原発が建設中です。 東日本大震災の影響を受け、現在は増強工事が行われています。 2014年には運転開始の予定にあるこの原発に対しては、2010年に市民団体が差し止め訴訟を起こした経緯があります。 そして現在、

6月19日、大間原発の原子炉設置許可処分に対する 「異議申立書」が経済産業省原子力安全・保安院原子力 安全審査課に提出された。 全国から集まった申立人4541名のうち、2154名は函館市民だ。 中心となった「大間原発訴訟の会」では、

大間原発の訴訟はいくつかに分かれているようです(行政訴訟と民事訴訟、原告も市民と行政組織など)。でも、まともな裁判官なら、一発でケリがつくはずですけどね。 大間差し止め訴訟 原告団が千人突破 113人が6次提訴

東京電力福島第1原発事故で古里を失ったなどとして福島県双葉郡の住民ら216人が東電に損害賠償を求めた訴訟で、原告住民らは19日、賠償額の

大間原発をめぐっては、この訴訟とは別に函館市が14年4月、自治体として初めて原発建設の差し止めなどを求める訴訟を東京地裁に起こし、審理が続いている。 大間原発と訴訟の経過 2008年 4月 国が大間原発の原子炉設置を許可

3.11から取材を続けてきた東京新聞「原発のない国へ」のサイト。原発、避難住民、独自の放射能調査。空撮写真や動画も交えてお伝えしていきます。

北海道函館市議会は26日、青森県大間町に建設中の大間原発をめぐり、市が国と電源開発を相手に建設の差し止めなどを求め提訴する議案を

大間原発稼働時期 9年連続で「未定」 2/29 10:58更新 電源開発(jパワー)は28日、国に届ける2020年度の電力供給計画を電力広域的運営推進機関に

大間原発に「建設差し止め訴訟」で建設反対する函館市長を応援しよう 何を血迷ったのか、枝野経産大臣が建設工事が中断している3つの原発の工事再開を認める発言をして、今日、電源開発はさっそく工事の再開を発表した。

2.(報告)函館市 大間原発訴訟報告会( 2,018 年 2 月 9 日) 上記「核ごみ問題政府ヒヤリング」と同日、函館市が提訴している大間原発建設差止訴訟の第 15 回口頭弁論が東京地裁であり、終了後に参議院議員会館でその報告会が持たれました。今回は主に

福島原発刑事訴訟支援団 原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)/ facebook 原発被害糾弾 飯館村救済申立団 「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本 地域別原発に対する裁判 泊原発の廃炉をめざす会 泊原発廃炉訴訟 函館市による大間原発訴訟 大間

大間原発訴訟の会は本日、午後2時半、函館市役所にて工藤寿樹市長に「大間原発」に関する要請を行いました。  要請文を読み上げる、竹田とし子代表  要請文の内容全文 日頃の函館市政へのご尽力に敬意を表します。 ま

電源開発(Jパワー)が青森県大間町に建設中の大間原発の建設中止や原子炉設置許可の無効確認などを北海道函館市が国とJパワーに求めた訴訟

大間原発勝訴 明快な司法の論理示した この大間原発に関しては、再稼働ではなく新設なので、完成後は、また運転差し止めの訴訟が繰り返されるのだろうね。 高度な科学知識を要する原発事業を、司法が代わりに安全審査が出来るなら規制委など不要だ。

原発訴訟の歴史を語るとき、伊方原発訴訟から語ることに誰も異論がないだろう。この訴訟は、1973年8月、伊方原発1号機の設置許可取り消しを求めた住民33名の原告によって提訴された。

函館市 主催の大間原発(青森県 大間町)訴訟 市民 説明会が、11月9日午後1時から ホテル 函館 ロイヤルで開かれることが決まった。提訴 から5年がたった市の大間原発 建設 差し止め 訴訟に関し、市訴訟弁

テント日誌4月24日(月) 経産省前テントひろば1807日後 大間原発訴訟に出掛ける人も立ち寄って 4月21日(金) 今日は、大間原発訴訟の第12回目の

北海道函館市は、大間原発(青森県大間町)の建設差し止めを求めて市が起こした訴訟の費用に、ふるさと納税による寄付を充てる取り組みを

December 30, 2017 limitlesslife Leave a Comment on 報道するラジオ(2017/12/29) どないなっとるねん! 2017年、北海道・函館からの千葉猛さん中継、大間原発訴訟

青森県の大間で建設が進んでいる大間原発に対し、対岸の函館市が差し止めの訴訟を起こしました。 (日経新聞hp 7月3日) 河北新報のまとめによると、訴訟の焦点は2点、「原告適格」と「被害可能性」ということだそうです。

電源開発(jパワー)が青森県大間町に建設中の大間原発について、北海道函館市の工藤寿樹市長は2014年2月12日の記者会見で、同社と政府に建設

★ 松田奈津子(さくら共同法律事務所・弁護士 河合弘之 原発担当) さんから:【立地は許されない】2.20函館市大間原発裁判函館市が提起した大間原発建設差止等訴訟は、日本で初めて自治体が原告となって原発の差し止めを求めた裁判です。建設中の大間原発は、函館市から30キロの距離にあり

1 :ばーど ★:2017/04/03(月) 19:19:06.73 id:cap_user9 函館市は2017年度、電源開発大間原発(青森県大間町)の建設差し止め訴訟の費用に充てる寄付金について「ふるさと納税」制度での受け付けを新た

4. 大間原発の建設中止を求めます。 道南の道民は、20キロ圏内の大間原発の建設中止を求めて、すでに運動を展開し、訴訟を提起しています。私たちは北海道全体を原発から守るという視点から、大間原発に反対する運動と訴訟を支援し、共に闘います。 5.

原発訴訟(げんぱつそしょう)とは、原子力発電所の安全性や人体・環境への影響をめぐって争われる訴訟の総称、一般呼称。 原子炉の設置許可取り消し、建設差し止め、運転差し止め、あるいは、作業員・住民の健康被害の賠償が請求の原因とされる場合が多い。

国が原子炉設置許可を出し、電源開発(Jパワー)が建設を進める大間原発(青森県大間町)をめぐり、北海道函館市が建設差し止めを求めて提訴している。津軽海峡を挟んだ23km対岸に大間原発を望む函館

大間原子力発電所 大間原子力発電所の概要 ナビゲーションに移動検索に移動大間原子力発電所施設全景(2019年)青森県における大間原子力発電所の位置青森県の地図を表示青森県における大間原子力発電所の位置日本の地図を表示国 日本座標北緯41度30

41,117 ブックマーク-お気に入り-お気に入られ